ウェルベスト

最高に健康で、幸せな生活のために。

皆様とお約束です。

  • 独自の研究所にてデータの裏付けを取りながら製品を開発いたします。
  • 原料にこだわり、徹底した品質管理のもと、素材の持つ力を引き出します。
  • 直接お客様の声を聞き、心を交わしながら直接販売いたします。

昔から体に良いと伝わるもの。
それは暮らしの知恵、自然の中にあるもの。

昔から体に良いと伝わるものは、自然にあるものがほとんどです。
「疲れた時には、にんにくを食べよ」とはよく聞かれるんですが、ウェルベストは漢方薬としても重宝されているにんにくが創業の原点なのです。
1967年、京都市立京都衛星研究所・藤原博士の指導を受け、にんにくの液状化に日本で初めて成功。医薬外部品としての入浴剤、健康食品などにこの技術を発展し、健康総合メーカーとしての地歩を築きました。
基本になるのは、健康をサポートする自然素材との出会い、そして、素晴らしい科学との出会いなのです。

「自然を研究する」には時間と手間がかかる。
しかし、私たちはやめません。

基礎研究から新製品開発、品質管理までを担当する自社研究所。ここでは、自然の素材を持つ、未知なる可能性と潜在力を、最先端の技術を科学の目で探求していきます。
研究所では、これまでににんにく、カイアポイモ、桐葉、桑白皮などをテーマとしてきました。幾年もかけて慎重に研究開発されたこれらの成分は、臨床検査などを経て、健康食品や医薬部外品として製品化しています。
また、研究所では、製品化後もさらに安心してお使いいただけるよう、安全性も追求しています。

第三者に厳しく評価してもらう。
研究所の成果は、世界の学会で発表されています。

研究所の成果は、第三者による試験を経て厳しく評価されています。
たとえば、日本薬学会、日本糖尿病学会などでの学会発表に加え、武庫川女子大学、香川大学、名古屋大学、近畿中国四国農業研究センターなど、産学官の枠を超えた共同研究も実施しています。
特にカイアポイモについては1997年よりウィーン大学において欧米人を対象とする臨床研究も行われ、その結果はアメリカ糖尿病学会、ヨーロッパ糖尿病学会でも発表されました。
この学会発表は、同時に毎日新聞、産経新聞ほか全国の地方紙で取り上げられています。

本当に健康であってもらいたいという思いを込めて、
ココロとカラダの健康情報誌「すこやか」をお届けしています。

ウェルベストの会員情報誌「すこやか」は1999年創刊以来、お客さまに生活の改善を提案しています。
ただ製品をご利用いただくだけでなく、よりよい生活習慣やお客様の心に寄り添った情報をお届けすることこそ、本当の健康への貢献だと考えているためです。
毎号専門家の監修のもと、読んだその日から手軽に実践できて健康や美につながる提案を行うよう心がけています。時代に合った質の高い情報をお届けし、たくさんのお客さまのお役に立てるよう「すこやか」は進化を続けて参ります。

おひとり、おひとりの満足を求めて。
直接お声をお聞きしたいから、私たちは直接お届けします。

2006年8月、私どもは新しい時代、新しい環境にお応えする「健康サポート企業」へと転換するため、新たな通信販売ブランド「ウェルベスト」をスタートさせました。
その目的は、「人々にとって最高に健康で幸せな生活を目指し、確かな研究開発力に基づく商品・サービスの提供に最善を尽くしていくこと」にあります。
ウェルベストは、お客様のご意見、ご要望を直接お聞きし、より良い商品づくりに反映させる大切さを理解しています。
お客様との対話の中で、心を交わしながら通信販売を続けることで、みなさまの健康の先に訪れる「幸せな生活」を見つめていきたいと考えております。

△このページの先頭へ

Copyright(C) 2008 Fuji-Sangyo. All Rights Reserved.