古家本舗

浦島太郎伝説発祥の地から瀬戸内の味覚をお届けします

古家本舗では、水産加工食品である「活〆真鯛味噌漬け」を自社通信販売や有名百貨店、日本郵政グループを通じて全国へ販売しています。
浦島太郎伝説発祥の地である香川県三豊市詫間町に製造工場を設け、真鯛生産日本一の愛媛県宇和海産の真鯛を中心に、瀬戸内の味覚をお届けしています。
古家本舗の製品は、お中元・お歳暮はもちろんお祝いごとの贈り物などにご利用いただいております。

新鮮な海の幸を独自の白味噌に漬け込みました

「活〆真鯛味噌漬け」は、生け簀で泳いでいる真鯛をすくい上げ、その場で活〆し、鮮度を保持したままで一枚ずつ丁寧に白味噌に漬け込んだものです。
その他にも鰆、銀鮭、ハマチなどもあり、“味”と“活き”にこだわった瀬戸内の一品です。
活〆加工は、身に弾力があり、食感が違います。また、鮮度が高いため、保存や身と締めるための塩分が少量ですみ、味噌と魚との味のバランスをほどよく保つことができ、豊潤な味わいがあります。

愛媛県より地産地消推奨企業の認定を受けています

愛媛県南宇和郡愛南町近郊の宇和海は自然に恵まれた環境で鯛を中心に養殖が盛んで、味・身の質ともに素晴らしい鯛が生産されています。
宇和海産の鯛を用いることで愛媛県より地産地消推奨企業の認定を受けています。
白味噌は、大豆を使用した白粒味噌で、濃厚な甘みとふっくらした味わいが楽しめます。
古くから香川県は食塩・味噌・醤油の生産が盛んな土地で、白味噌は、お正月の雑煮の味付けにするほど、風土に溶け込んだ親しみのある味です。
独自のブレンドで仕立てた白味噌は減塩仕立てで、まろやかな味に仕上げています。

△このページの先頭へ

Copyright(C) 2008 Fuji-Sangyo. All Rights Reserved.